交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料 > 成年後見人が行う交通事故の慰謝料請求

成年後見人が行う交通事故の慰謝料請求

最悪の場合、交通事故に遭ってコミュニケーションが取れなくなってしまう事もあります。その場合には、本人と話ができませんので、交通事故の慰謝料請求などは成年後見人として認定された人が行う事になります。

成年後見人は家族がなる場合が多いみたいですね。

事故というのは若い人でも巻き込まれる可能性がありますので、老後になってからではなくて、なるべく早い段階で身内の誰かに成年後見人になってもらっておく方がいいでしょう。

成年後見人がいる場合には、交通事故慰謝料請求などを代わりに行う事ができるシステムになっている様です。

少しややこしくなるかもしれませんが、きちんと法的に解決していきたいですね。

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算しましょう

交通事故に巻き込まれた場合には、弁護士に交通事故相談を行ってください。交通事故担当の専門性の高い弁護士がいます。交通事故では、様々なトラブルに発展することがあり、交通事故慰謝料もその内の1つです。

最初に提示された金額では、治療を受ける事も出来なければ、愛車の修理費も出ないような場合もあります。そういった時に交通事故弁護士を活用することで、しっかりと保証を受けられるように弁護士が保険会社と直接交渉をしてくれます。交通事故弁護士が相手だと保険会社も要求を呑むことが多いので、交通事故慰謝料を簡単に引き上げることが出来ます。

弁護士基準で交通事故慰謝料を計算してもらいましょう

交通事故に遭った場合は、交通事故相談を弁護士に行ってください。交通事故専門の弁護士がいます。交通事故では、いろいろなトラブルになる場合があり、交通事故慰謝料もその内の1つです。提示された金額は、とても少なく治療を受ける事も出来ない、愛車の修理費も出ないというケースがあります。

そのような場合に交通事故弁護士を利用することで、保証をしっかりと受けられるようになります。交通事故弁護士が保険会社と直接交渉をして行い、弁護士基準で交通事故慰謝料を請求してくれます。最初に提示された金額の倍くらいに膨れ上がることも多いです。

交通事故相談と慰謝料と相続

交通事故に関して最悪のケースは被害者が亡くなってしまうことです。こうした場合には誰が交通事故相談に行って交渉して、交通事故慰謝料を請求したりするのでしょうか?当然本人はできませんので代理人を立てる必要があります。

その場合代理人ができるのは被害者の家族や親族(4親等以内の親族)までになります。これらに該当する人が手続きを進めていくことになりますがこの場合には葬儀や精神的苦痛の代償としての費用も請求できるようになるため間に交通事故弁護士に入ってもらうことをお勧めします。また交通事故慰謝料に関しては相続と同じような流れにのることになります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定