交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

チェック情報サイト2

外貌醜状が生じる交通事故の慰謝料
特に強い痛みに悩まされるという事でなくても、交通事故では目立つ場所に傷の跡が残ってしまって、外貌醜状が生じてしまうという事も考えられます。そうなった場合に、人目が気になったりして、本人は辛い思いをする事もあるかもしれません。

交通事故の慰謝料は精神的な苦痛に対して支払われますので、外貌醜状においても対象となる様です。

外貌醜状の範囲や症状、または部位によって後遺症認定の等級が違ってくる様です。慰謝料が高額すぎたり、安価すぎたりする事なく、プロの視点から見ても妥当だと思える様な金額になるといいですね。

一時的な問題ではなくて、自分の将来にも影響が出てくる事もあるでしょう。

交通事故慰謝料を請求する時は交通事故弁護士の力を借りて納得できるよう交渉したいですね。

交通事故慰謝料はどのタイミングで請求するもの?

交通事故慰謝料を請求したいと考えているが一体どのタイミングで依頼したらいいのかいまいちわからないという人も多いと思います。早くから準備をする人は後遺障害が残ったときのことを考えて診断書が出てすぐに依頼する人もいます。もし後遺障害が残らなかった時でもそのまま交通事故慰謝料は請求することができますので、どちらにせよ頼りになります。

また交通事故弁護士の場合には弁護士基準をいったものが使用できるため、一般の人が自分で行うよりも遥かに高い金額で提示してくれます。そのためにもできるだけ最初の段階から頼んでおいた方がスムーズではありますね。

交通事故慰謝料のために準備をしよう

もし自分が交通事故にあってしまったとして、治療をしたり、入院をしたりする必要がある場合にはやはりきちんと交通事故慰謝料をもらっておく必要があります。しかし一体どのような準備をしておけばいいのでしょうか?

まず一番心強いのは事前に交通事故弁護士に依頼しておき、後遺障害が残ってしまった場合にすぐにでもきちんとした手順を踏んで請求できるようにしておくことです。後遺障害の場合には医師の診断書や、やり取りが後々非常に重要になってきますので、こういった書類を作成する時こそ、内容がわかる人に一緒に見てもらいながら作成してもらった方がいいです。

交通事故慰謝料が振り込まれるまで

交通事故慰謝料が支払われるまで、一体どれくらいの時間がかかるのでしょうか?まず交通事故慰謝料が振り込まれる前に、両者が納得する金額まで落とし込む必要があります。こちらのことを示談が成立すると言いますが、示談が成り立つまでおおよそ半年から1年かかると言われています。

もう少し早くしたいという人もいるでしょうが、一度示談が成立した内容に関してはやり直すことができません。そのため多少時間がかかったとしても、妥協することなく納得がいく金額まで交渉します。示談が成立してしまえば、後は1週間前後で指定した口座に振り込みされてきます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連