交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料 > 弁護士に相談したい交通事故における慰謝料の交渉

弁護士に相談したい交通事故における慰謝料の交渉

直接、交通事故の被害者と加害者やもしくは保険会社が話をして慰謝料の交渉をしたとすると、険悪なムードになってしまうだけで、話が前に進まないという事もある様です。

確かに、苛立つ気持ちを抑える事ができず、感情的になる人もいる様です。そんな状態では、とても冷静に物事を考える事もできないでしょう。

交通事故における慰謝料の交渉はぜひ弁護士に相談したいですね。きっと話をしたいポイントを逃す事なく、話を進めてくれるでしょう。

交渉の際に、交通事故弁護士がいてくれるかどうかという事で、大きく異なる事もあるかと思います。

これ以上問題が悪い方向に進むのは避けたいですね。

交通事故慰謝料は過去の事例に基づき算出しましょう

交通事故慰謝料は、計算する方法によって、大きな差が生まれます。一番大きな差になるのが、後遺障害の認定度で弁護士基準であれば、過去の事例などを元に計算することが出来ますが、保険会社は電話での話しだけで算出してしまうので、とても大きな差が生まれてきます。

その差が倍以上になってしまうこともありますので、交通事故に遭遇した場合には、すぐに弁護士に相談をして、弁護士基準で慰謝料を算出し、相場を引き上げてもらうようにしてください。交通事故弁護士であれば、保険会社と直接交渉をしてくれますし、要求を受け入れられやすいです。

弁護士に依頼した場合の交通事故慰謝料

自分が交通事故にあってしまって、交通事故慰謝料を保険会社に請求しようと思った時にあなたならどのように請求しますか?ただでさえ車の修理費や、自分の治療費などにお金がかかっているのでこれ以上費用がかからないように自分で請求しようとする人もいるでしょう。

しかし交通事故慰謝料請求に関しては多少費用がかかったとしても弁護士に依頼したほうがいいです。なぜかというと、弁護士に依頼した場合と、自分で請求した場合では金額に大きな差が出るためです。大きく差が出る人で10倍以上違う人もいますので依頼にかかった費用を差し引いてもおつりが出ます。

交通事故相談をして慰謝料を算出

交通事故の慰謝料や賠償金を請求するには、交通事故相談をすることで適切な金額を算出することが重要です。そのためには、交通事故に強い弁護士を雇い、事故の状況やケガの有無、精神的な負担などをきっちりと相談する必要があります。

任意保険や自賠責への加入をしている方も多いですが、支払額の相場や算出方法、交通事故慰謝料に含まれる項目などを少しでも知っておくと、役に立ちます。交通事故相談はいろいろな場所で行うことができますし、裁判まで発展させることなく、示談交渉や和解という形で解決させることもできますので、調べておくことも大事です。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定