交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定について

交通事故において、その過失が加害者と被害者のどちらにどの程度あるのかを示すものが過失割合です。その割合によって保険金や慰謝料の支払われる額が上下しますので、交通事故相談の中では大変多く扱う事例です。

加害者側の過失が10割とされるケースは少なく、横断歩道上で信号を守って渡っている歩行者をはねてしまった場合などに限られます。何もない道路上に飛び出してきた歩行者と接触した場合などは、被害者側の過失が大きいとみなされる場合もあります。

事故が発生した場合は、警察が見分を行い双方の意見や目撃者の証言を元に作成した事故調書を作成し、保険会社で過失割合が判断されます。書類上の判断で、このケースは何対何と機会的に処理されるケースもありますので、不服がある場合には速やかに弁護士に相談すると良いでしょう。

交通事故相談をする相手は弁護士です

交通事故相談は、必ず交通事故弁護士におこなってください。弁護士なら交通事故を専門に扱っているので、交渉はまとまりやすいです。どのように行動したら良いのかなども、的確にアドバイスしてくれます。

的確な行動をすることで、慰謝料を高く請求することができますし、交渉などでも有利に進められます。交通事故弁護士を利用することで、保険会社との交渉もおこなってくれます。

個人で交渉をしても保険会社は聞いてくれないことが多いですが、弁護士が相手だと、条件を受け入れる保険会社が多いです。交渉がまとまらない場合には、訴訟を起こすこともできるので、交通事故相談は必ず弁護士におこなってください。

交通事故相談、まずは地域のセンターに

交通事故相談は誰にしたらいいのかあまりよくわかりませんよね?弁護士でなければならないのか、司法書士などでもいいのか、選択できそうなものは沢山あります。しかし実際依頼するとなったら誰に依頼するのが一番無難なのか少し迷ってしまいます。

もし訴訟になってしまいそうなのであれば弁護士に依頼しましょう。なぜかというと訴訟の代理人ができるのは弁護士だけだからです。また金額の縛りなどがある関係で司法書士は費用が弁護士よりもかなり安いのですが、あまりお勧めできません。そこまで交通事故慰謝料を取らなくてもいい、後遺症なども特に残っていないという場合にはいいかもしれません。

未成年でも交通事故相談できるの?

交通事故にあってしまったのが未成年だった場合にはどのように慰謝料請求などが進んでいくのでしょうか?もし未成年の場合には自分で交通事故相談することができませんので変わりの代理人が手続きを進めていくことになります。

ただし両親が存命の場合には特別な手続きをして代理人を立てなくてもそのまま手続きを進めていくことができます。もしどちらも今いないという場合には別途成年後見人の選任を行う必要があり、まずはこちらの手続きは弁護士を通して進めていくことになります。ただし未成年でも結婚しており、戸籍的に独立しているような場合には自分で請求をかけることができます。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故相談関連