交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故相談 > 後遺障害を伴う事故に遭った場合と交通事故相談

後遺障害を伴う事故に遭った場合と交通事故相談

後遺障害を伴う交通事故に遭った場合、病院での治療にかかる費用だけではなく、消極損害というものが発生します。これは交通事故によって、事故以前のように働いたり活動したりすることができなくなるケースにおいて、本来であれば得られたであろうはずの利益を将来にわたって請求することができるものです。

事故における損害賠償請求においては後遺障害等級を基準として賠償償金の支払いがなされます。加害者等に対して損害賠償を請求できるのは被害者や被害者の近親者ですが、スムーズな解決のため交通事故相談を専門の弁護士に持ちかける方も多くいます。

弁護士に交通事故相談をするようにしてください

交通事故相談をするのは必ず弁護士にしてください。交通事故専門の弁護士であれば、しっかりと交渉をしてくれますし、どのような行動をすれば良いのかアドバイスをしてくれます。

無駄な行動をしないことにより、高い慰謝料を請求することが出来ますし、交渉の面でも有利に進めることが出来ます。交通事故弁護士を利用することにより、保険会社との交渉も代理でしてくれます。

交渉を個人でしても保険会社は全く聞く耳を持たないですが、交通事故弁護士が交渉をすることで、条件を受け入れる保険会社は多いです。交渉がどうしてもまとまらない場合は、訴訟を起こすことも可能なので、交通事故相談は弁護士に行ってください。

交通事故相談をするのは弁護士にしてください

交通事故相談をする相手は、必ず弁護士にしてください。交通事故を専門に扱っている弁護士がいますので、交渉が上手く行きやすいですし、どのような行動を起こせば良いのか、的確に指示をしてくれます。的確な行動を取る事で、交通事故慰謝料を引き上げることが出来ますし、有利に交渉を進められます。

弁護士を使うことによって、保険会社も交渉の席についてくれます。個人で交渉をしようとしても保険会社は聞き入れないことが多いです。弁護士が相手の場合は、条件を受け入れる保険会社がとても多いです。交渉がどうしてもまとまらない場合、裁判を起こすことも出来るので、弁護士に交通事故相談をしてください。

お金をかけなくていい交通事故相談センター

交通事故相談をするとなると真っ先に思い浮かぶのが法律事務所や弁護士といったワードかと思います、しかしこういった所に依頼するのは費用がかかりますし、かかる費用もそれなりです。なので、少しだけ聞きたいことがあるといった場合や、本当に交通事故弁護士に相談しなくてはいけない内容なのかを判断することが必要です。

しかしその判断をするのも結構難しいのですよね。そこでおすすめなのが、国が運営している無料の交通事故相談センターです。こちらでは不必要な費用が発生することがありません。ただし相談を受け付けてもらうにあたり何点か決まりがあるので確認が必要です。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故相談関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定