交通事故による慰謝料に悩んでしまう前に、弁護士に相談して安心できるサポートを受けよう。

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料事例 > 交通事故慰謝料は全国の事例が対象

交通事故慰謝料は全国の事例が対象

対象となる事例がそれなりの多くなっていくと、地域のものばかり利用されるような気配もあります。しかし実際に利用されているのは、全国で実施されている事例です。多くの回数が出ている場合には、それに近いことを考えていくようにして、交通事故慰謝料を検討する状況となります。

実際に仕事を考えていく場合には、メリットを感じられるようなイメージをもたせつつ、金額をある程度固定していく形になるでしょう。交通事故慰謝料を固定させられるようになっていけば、安心して支払える状況となっていくのは間違いないことで、期待できる状況もあります。

交通事故慰謝料を受け取る際の注意点と失敗事例とは

交通事故は誰にでも起こりうることで、起きた時は起こした側も被害者側もパニックになって、冷静な判断が出来ません。交通事故が起きた時にはどんなに軽い事故であっても、警察を通さなくてはいけません。

これはその現場のみならず、後々交通事故慰謝料を始めとする示談までのやり取りで問題が起きてしまったときにも必要不可欠だからです。自動車と自転車の事故の事例によくありがちな、その場で交通事故慰謝料を渡し、即示談しようとするパターンはいろいろな注意点があります。

軽く接触しただけと思っていても、あとから色々なところを実はぶつけていて、後から痛くなったり、その場ではわからなかった洋服や自転車の物損など、双方がパニック状態の現場ではどれだけ注意を払っていても、見落としてしまうことがたくさんあります。

即示談してしまうと、こういうった後からのものには対応できず、被害者の自己負担になってしまったり、警察を通さないことで、保険業者も介入できない為、双方にいろいろなデメリットが後から起こることが多いです。

交通事故は大抵急いでいる時に起こりやすいものです。急いでいるから即示談、警察を呼ばず、あとから対応は絶対に避けたい事例です。

交通事故慰謝料は過去の事例を元に計算しましょう

交通事故慰謝料は3つの基準で計算をしていきます。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。一番高価なのが、弁護士基準で一番安価の自賠責基準と倍以上になるケースもあります。

弁護士基準による慰謝料が高い理由は、裁判所などの過去の事例などを元に交通事故慰謝料を計算することが出来るからです。交通事故などに遭って、保険会社が提示してくる金額に納得が行かない場合は、弁護士を利用するようにしてください。

提示されている金額が妥当かどうかチェックをしてくれます。不適切な場合は、交通事故護士が保険会社と直接交渉をしてくれるので、交通事故慰謝料を引き上げることが出来ます。

過去の事例に従って交通事故慰謝料を請求しましょう

交通事故において、交通事故慰謝料はトラブルになりやすいもののひとつです。事例や保険会社によって計算の仕方が違い、似たような状況でも金額が大きく異なる場合もあります。

一番慰謝料が高額になるのが、弁護士基準で過去の事例などを元に交通事故慰謝料を計算していきます。一番安価だとされている自賠責基準との差が倍以上になるケースもあります。

交通事故慰謝料で納得がいかない場合は、交通事故弁護士を利用し慰謝料を引き上げるようにしてください。提示されている金額が妥当かどうかチェックもしてくれますし、不適当な場合は弁護士が代理裁判を起こして争ってくれます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故について 交通事故慰謝料 外貌醜状における交通事故慰謝料 交通事故慰謝料は全国の事例が対象 交通事故弁護士 自動車保険に加入して交通事故弁護士を 交通事故相談 交通事故相談の中で多いのは過失割合の決定